各種、勃起不全改善の薬

過去、EDという言葉自体なく精力剤などの括りで勃起を促す薬がありました。
当時は、どちらかというと後ろめたい、如何わしい部類という認識も多かったのではにでしょうか。
そこから、バイアグラなどのED治療薬が国内でも認可され、一気に概念が変わったと言って良いでしょう。
さらには同成分を配合したジェネリック医薬品も多く、治療に臨む人の好みにに合わせて使用ができます。
その為、多くの海外医薬品販売サイトでは、飲み比べが出来るセットなどもあるようです。

そもそも本来の精力剤の効能と、勃起不全を改善する医薬品ではどの様に異なるのでしょうか?
精力剤を大きく分類すと、3つの系統に分かれます。
一つ目は、強壮剤と言われるホルモン系に作用するものです。
男性ホルモンであるアンドロゲン等は、勃起を促すに当たり深い関わりを持っています。
加齢とともに減少するという分泌量を強壮剤により補い、海綿体に促す血流量を増やす働きをします。
主に、メチルテストロンという物質で構成され勃起を促すだけではなく、早漏の改善にも役に立つそうです。
ただし、気を付けないといけないのが、男性ホルモンを外部から摂りすぎると体内で生成されにくくなると言われています。
よって若いうちから使用すると、症状の進行を早めてしまう結果になるようです。
また、糖尿病や前立腺肥大症の治療を行なっている方は服用できません。
ちなみに、女性用の強壮剤もありますが、具体的な効能は省かせて頂きます。

二つ目は、強壮剤の中でも漢方系の部類になる薬剤ですが、ED治療薬の成分とは異なります。
具体的には、植物の葉や根から抽出される成分により、精力を高める効果に期待されるものです。
すなわち、直接的に性器や海綿体に、作用を働きかけるのでなく体内部の活動を促すことで症状を内から治しにかかるという性質です。
EDの原因となる生活習慣病や成人病の改善を図る事で、伴ったEDの症状を抑えるという事です。
他の疾患に対しても、影響が少ない為に副作用もほとんどありませんが、その分結果を出すまでに時間を要する場合があります。

最後は、勃起剤と呼ばれる系統ですが、国内で認可されている成分に塩酸ヨヒンビンがあります。
これらは、服用する事で中枢神経に作用し、興奮状態にさせるそうです。
それにより、海綿体から血流を起こして性器を膨張させ勃起をさせます。
同様に、別成分である硝酸ストリキニーネを加えた勃起薬もあり、遅漏気味の人を興奮状態から射精を促進する効果があるようです。
副作用としては、興奮が強すぎると血圧を上昇させ、脈拍も急激に増加させてしまう為、心臓にかかる負担が多くなると言われています。
また、元々が低血圧の人が服用すると、急激な変化で弊害を伴う可能性も御座います。
さらに、アルコール、睡眠薬、向神経薬、降圧剤、人工の薬品やそれに類似する医薬品を使用している人には効果が出にくいとされています。
なお劇薬指定されているので、通常購入は出来ません。

そこで必要になってくるのが、ネット通販でも販売されているED治療薬です。
中でも最も効果が強いと言われているのが、バイアグラのジェネリックであるシラグラ100mgです。
同成分であるシルデナフィルクエン酸塩を配合しております。
シラグラ100mgの価格も、1錠あたり500円程度と、バイアグラの4分の1程度の設定ですのでお得です。
勃起剤に比べて、劇薬でもなく個人輸入であれば処方箋がなくても購入が可能です。
気になる副作用に関しては、頭痛などが挙げられますが、体調に合わせて錠剤のグラム数を調整するなど回避の方法はあります。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.